山形県交通安全協会

 山形県交通安全協会は、交通秩序の確立と交通安全の実現に寄与することを目的に設立された団体です。
 交通事故のない安全で安心な地域づくりのため、「あなたと家族の命をまもる交通安全活動に参加しよう 運動(命をまもる運動)」を各地域で推進しております。交通安全活動にご支援とご協力をお願いいたします。

インフォメーション

  転者も歩行者も交通ルールを守りましょう!

 ◎歩行者を守ろう! 「~歩行者に 日本一 やさしい山形県~」

  ・横断者は、車が来る方を見て手を挙げて運転者に合図

  ・運転者は、一時停止後、手で横断を促そう

  ※JAF「信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査2019年」

   山形県の一時停止率は20.4%、全国平均17.1%

   【参考資料①】  【参考資料②】      【参考資料③】

 ◎早朝、夕方夜間は夜光反射材を付けましょう!運転者は早めのライト点灯、ハイビーム

  積極的に活用しましょう!

    ・『前照灯午後4時から点灯』に努めましょう!

    【参考資料①】  【参考資料②】

 ◎全席シートベルトを着用しましょう!

   後部座席を含めた全員がシートベルト(6歳未満の幼児等はチャイルドシート)を着用していることを確認   

  ※一般道での後部座席の着用率(2018年JAF等調査)33.6%全国第32位

  【参考資料】

 ◎自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例が施行されました

                             施行日 令和元年12月24日~

 ※令和2年7月1日より自転車保険等への加入が義務付けられます

  《条例の主な内容》

  ①交通ルールの遵守 ②自転車の安全利用【○定期的な点検・整備 ○ヘルメットの着用】

  ③自転車保険の加入義務化【令和2年7月1日施行】

    ④自転車交通安全教育の充実【○事業者や学校、家庭における交通安全教育の実施】

  ⑤自転車の適正な管理【○しっかり施錠 ○放置禁止 ○利用しなくなった自転車は適正に処分】

 詳しくは山形県ホームページへ☞ 【山形県自転車条例】

 

新規加盟協賛店の紹介

 交通安全を支援していただける協賛店として、次の店舗が加盟されました。(3/11現在)

*庄内地区「株式会社 関東自動車学校」さん

*山形地区「山形国際ホテル」さん

*上山地区「味処 松乃屋」さん

*山形地区「居酒屋・Snack・Cafe・Bar・ArtScene」さん

*最上地区「タイヤハウスエンドー」さん

*山形地区「山形もち処 餅の星野屋」さん

*最上地区「やくわ整体院」さん

*上山地区「展望露天の湯 有馬館」さん

*山形地区「菓遊専心 戸田屋正道」さん

協賛店名称変更の紹介

*元気市場たかはし元木店さんが新店舗『moh’z(モーズ)』さんに変更!!

なお、元気市場たかはし銅町店さんは11/30をもって閉店となりました。

※ サービス内容等詳しくは「サービス加盟店」をクリックして確認してください。会員の皆様、是非ご利用願います。

(お得です!)

お知らせ
お知らせ一覧

交通事故発生情報
交通事故発生情報一覧

★2020年 交通安全年間スローガン★ ★運転者向け スマホより 横断歩道の 僕を見て  ★歩行者・自転車向け 夕暮れの 一番星は 反射材  ★小中学生向け しっかりと 止まってかくにん 横だん歩道


会員証をお持ちの方に
サービスいたします

ハンドルキーパー
NO DRUGS

Copyright (C) 山形県交通安全協会.All Rights Reserved.